「縁」「福」と名付けられたヨーロピアン調の車両

坂本ケーブルの魅力

長さも、景色も、日本一。

坂本ケーブルは全長2025m。日本一長~いケーブルカーです。そして、ケーブル延暦寺駅や車内からのびわ湖の眺めは、まさにパノラマ。 さらに、大正ロマンを語る魅力たっぷりの駅舎、「縁」「福」と名付けられたヨーロピアン調の車両、懐かしい硬券、いっそうワイドになった眺めなど、坂本ケーブルでは、皆様の思い出に残る11分間を提供します。

縁と福が訪れますよう、祈りを込めて。

ヨーロピアン調の三代目車両の名は「縁」と「福」。
  • 縁号 縁号
  • 福号 福号

坂本ケーブルの車両は、ヨーロピアンスタイルの「縁」号と「福」号です。2025mの車窓は、橋梁7カ所、トンネル2カ所と変化に富み、山を上るにつれ素晴らしいびわ湖の景観が大きく広がる2025m、11分間の車窓を、パノラマワイドな窓からお楽しみください。

この坂本ケーブルを象徴する二文字、「縁」と「福」は、白寿を迎えられた、ときの第253代 天台座主・山田恵諦猊下が、お詣りされる皆様に、良いご「縁」と幸「福」が訪れるようにと祈りを込めて揮毫されました。

猊下のご揮毫は車体はもちろんのこと切符にも用いられています。また、ヨーロピアン調の車体は、浜大津・びわ湖花噴水のデザイナーとしても著名なインダストリアルデザイナー、桜田秀美さんのデザインによるものです。 宗教的な雰囲気を壊すことなく、訪れる方にとって安らぎと楽しさを提供できるよう、上品なグリーンとレッドでまとめ上げました。

さらに安全に、さらに眺めはワイドに!

そして2007(平成19)年、架線を撤去。
  • 架線があった当時のターンアウト 架線があった当時のターンアウト
  • 架線を撤去してすっきりしたターンアウト 架線を撤去してすっきりしたターンアウト

坂本ケーブルの安全運行は、自然災害との闘いの連続でした。特に、台風や積雪による倒木で被害を受けやすい架線は、管理が大変なうえ、架線柱とともに眺めの邪魔でした。ケーブルカーはケーブルに引っ張られて山を上り下りしていますが、この架線は、車内放送や蛍光灯用などの電源を確保するための装備です。 そこで、車両にバッテリーを積み、停車中にこれらの電源を充電することで、架線を撤去できると考えました。80周年を期にした「架線なしケーブルカー」方式への切り替えです。

日本に架線無しケーブルカーは数例がありますが、いずれも開業時から架線無しである場合や、長期運休を伴う大規模な改修工事によって切り替えたものです。これに対して坂本ケーブルでは初の「営業運転しながらの切り替え」を実現しました。 この秘密は工程にあります。

  1. 車内にバッテリーと充電装置などを入れるロッカーを設置。
  2. 夜間、ロッカー内に必要機器を組み付け。
  3. 電気回路の接続を変更し、夜に何度も確認試験運転を行い慎重に切り替え。
  4. 車両側のシステム切替後、架線と架線柱を、昼夜を問わずどんどん撤去。

さらに「架線なし=パンタグラフも撤去」という発想ではなく、駅での充電用に、あえてパンタグラフを残すことで、工費削減や工期短縮も実現しました。架線のない線路をパンタグラフを振りかざして上下するケーブルカーの姿は、ちょっとユーモラスです。

「技術の京阪」と呼ばれる京阪グループの、坂本ケーブルならではの匠の技。新しくなった坂本ケーブルの、さらに雄大な眺めをどうぞお楽しみください!